社会福祉法人かしの木会くず葉学園
〜学園の概要〜

ごあいさつ
くず葉学園本館
  当法人は知的に障害があり、成人期を迎えても児童の施設に私的契約で入所されていた利用者の親たち30余名が、わが子の幸せを求めて、故中村健二氏のご指導とお力添えをいただきながら、理想の施設を作ろうと努力し、自らが出資し、発起人となり設立しました。
  設立の趣旨は「家庭の延長線上にある、アットホームな生活を送ることのできる施設」「利用者の能力に応じ、仕事を通して生き甲斐のある生活を送ることのできる施設」「親亡き後も、安心して託すことのできる施設」の三点にありました。
  土地の取得や資金など幾多の苦労と難関を乗り越え、1984年5月1日に入所更生施設、同年6月1日に通所授産施設を開所することができました。
  1988年7月1日には施設福祉から地域福祉へのニーズに対応し、在宅の方の様々なニーズに対応できる機能を持った地域交流センター(デイケアセンター)の運営を開始。合わせて体育館を増築しました。
  2004年8月11日には利用者の加齢化対応と将来的なことを考え、エレベーター新設とバリアフリー化を含めた増改築をし、同年10月1日から在宅の方のニーズに応えるべく短期入所事業を開始しました。
  2011年9月1日に自立支援法(2013年4月1日より「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律」)の施設として、入所は障害者支援施設・生活介護、通所は生活介護と就労継続支援B型に移行しました。
  2014年4月1日、相談支援事業を新たに開設。
  2014年5月1日、創設30周年を迎え、現在に至っております。

↑PAGE TOP

 学園の概要

法人名 社会福祉法人 かしの木会 くず葉学園
理事長 飯田 雅子
園 長 三浦 啓
沿 革
昭和59年(1984年)5月1日
知的障害者更生施設開設
昭和59年(1984年)6月1日
知的障害者通所授産施設開設
昭和63年(1988年)7月1日
地域交流センターを設置
平成16年(2004年)8月11日
更生施設(本館)増改築工事
全館バリアフリー対応
平成16年(2004年)10月1日
指定障害福祉サービス事業 短期入所事業認定
平成18年(2006年)4月30日
通所授産施設豆富工場開所
平成23年(2011年)9月1日
入所:障害者支援施設・生活介護
通所:生活介護・就労継続支援B型に移行
平成26年(2014年)4月1日
相談支援室開設
定 員 障害者支援施設 男性40名・女性20名(施設入所支援・生活介護)
通所事業所 男女60名(就労継続支援B型20名、生活介護40名)
組 織 園長1(兼入所施設長) 次長1(兼事務長・兼総務課長) 統括室長1(兼通所施設長)
課長2 係長5 係長代理1 支援員34(3) 支援補助員2(2) 宿直専門員9(9) 介助員5(5)
事務3(1)栄養士1 調理員7(4)
美化2(2) 運転手5(5) 配達員1(1) 製造員1(1) 次長付き1(1)
総職員数82名(34)
*()内はパートです。
規 模 鉄骨・鉄筋コンクリート造り
【敷地面積】15,536u
【建物述べ床面積】5,085u
 本館1,762u 日中活動棟489u 工場棟260u 豆富工房80u 温室265u
 倉庫314u 地域交流センター257u 食堂575u 体育館247u 宿泊棟257u
 職員宿舎309u 独身職員宿舎270u

   玄関    日中活動棟

↑PAGE TOP

トップページごあいさつ学園の概要学園の構成活動内容短期入所サービス年間行事利用者さまの作品紹介
交通のご案内お問合せボランティア